手術」タグアーカイブ

真性包茎の手術の痛みと引き換えに得たもの

真性包茎で長らく悩んでいましたが、放置しておいても良くなる訳ではないし、感染症を引き起こしたりすることもあるらしく、ネットで調べてみたところ「日帰りできる」や「痛くない」との体験談が多かったことも心の支えとなり、将来に備えて思い切って手術を受けてみることにしました。
当日に局部に麻酔を打たれときはかなり痛みがありましたが、直後から感覚はあるものの自分の体の一部ではないような不思議な感じがあったことを覚えています。
術中もいじられている感覚はありますが、麻酔が効いているから当たり前ですが痛みは全くありません。
施術はあっという間に終了し、術後の注意事項の説明を受けます。
本日は入浴禁止であることは分かっていましたが、2週間も湯船に浸かれないとは想像していなかっただけに多少ショックではありました。
塗り薬と包帯を貰って帰宅しましたが、痛み止めを飲み忘れないように注意を受けました。
その後は毎日消毒と塗り薬を塗り包帯を巻く日々が続きましたが、2週間後完全復活したときの喜びは何物にも代えることができません。
今回の件で感じたことは「もっと早く手術を受けておけばよかった」ということです。
真性包茎で悩んでいた日々は手術を受けることで遠い過去のものとなりました。
あの悩んでいた日々が惜しまれてなりません。
もし、あなたが真性包茎で悩んでいるなら、思い切って手術を受けてみてはいかがですか?
人生が変わるほどの喜びが得られますよ。

真性包茎の術後の変化!手術を受けて変わったこと

包茎の種類の中でも、特に厄介と言えるのが真性包茎です。
全く剥くことができない状態ゆえ、即刻手術を検討することが重要です。
しかし手術に対して不安を感じている人もいることでしょう。
気軽に受けられるものでもないため、躊躇してしまうのも無理はありません。
ただ真性包茎の悩みを克服した人の気持ちを知れば、前向きに考えられるようになるかもしれませんよ。
術後の心境には様々な変化が訪れるのですが、一番はやっぱり下半身に自信が持てるようになることでしょう。
包茎の場合は性行為に支障をきたしてしまう上、こと真性包茎に関してはどうしようもない状況です。
それゆえに女性に対してもアグレッシブになることができないものですが、ところが問題が解決することで状況は一転します。
いつでも性行為に臨むことができる、準備万端の状態でいられるわけですので、積極的に女性と接することができます。
これは人生において大きな有益であり、なぜ早く手術をしなかったのかと後悔する人多数です。
本当の男になれたという心境になれるのも術後の変化のひとつ。
生物学的にはもちろん男ではあるものの、しかしシンボルとも言える機能がまともに使えないようでは、どこか辛く感じるところでしょう。
しかし問題の真性包茎の悩みを解決することで、男としての本当の自信を取り戻すことができるのです。

おススメHP
真性包茎でお悩みなら専門クリニックで相談を
メンズサポートクリニック
TEL:0120-76-6800
HP:http://www.clairvoyancecorp.com/houkei_shinsei.html

真性包茎の手術費用は思っていたほどかからず

学生の頃から包茎が悩みの種でした。
しかも私の場合は真性包茎で、亀頭を露出したことがない状態でした。
手術という言葉に単純に恐怖を覚え、なかなか踏み切れずにいましたが、意を決してクリニックで受診しました。
ネットでいろいろ調べていたので真新しいような説明はあまりなかったですが、かなり緊張したのを覚えています。
費用は20万円から25万円を想定していましたが、20万円弱で済んだためよかったです。
手術を受けて全てが終わった後は、やはり受けて良かったという印象です。
手術中も痛みはありませんでした。
麻酔が少し痛いのを覚悟していましたが、それすらほとんど感じないほどうまく手術をしてくれたお医者さんに感謝です。
それよりも術後1週間程度がしんどかったです。
薬を服用すれば傷の痛み自体は抑えられるのですが、今まで露出していなかった部分がこすれる痛みは日常的に防ぐことができず、これが大変でした。
用を足すには包帯を先まで巻かなければ問題ないのですが、包帯の交換等が必要な時があるので、常に個室を利用していました。
費用や術後の痛みなどはあったものの、想定より安く真性包茎から脱出できてほっとしています。
どこか引け目を感じていたコンプレックスがなくなるのはやはり、快適です。
精神的に楽になったし、自信も持てるようになり満足しています。