真性包茎の手術の痛みと引き換えに得たもの

真性包茎で長らく悩んでいましたが、放置しておいても良くなる訳ではないし、感染症を引き起こしたりすることもあるらしく、ネットで調べてみたところ「日帰りできる」や「痛くない」との体験談が多かったことも心の支えとなり、将来に備えて思い切って手術を受けてみることにしました。
当日に局部に麻酔を打たれときはかなり痛みがありましたが、直後から感覚はあるものの自分の体の一部ではないような不思議な感じがあったことを覚えています。
術中もいじられている感覚はありますが、麻酔が効いているから当たり前ですが痛みは全くありません。
施術はあっという間に終了し、術後の注意事項の説明を受けます。
本日は入浴禁止であることは分かっていましたが、2週間も湯船に浸かれないとは想像していなかっただけに多少ショックではありました。
塗り薬と包帯を貰って帰宅しましたが、痛み止めを飲み忘れないように注意を受けました。
その後は毎日消毒と塗り薬を塗り包帯を巻く日々が続きましたが、2週間後完全復活したときの喜びは何物にも代えることができません。
今回の件で感じたことは「もっと早く手術を受けておけばよかった」ということです。
真性包茎で悩んでいた日々は手術を受けることで遠い過去のものとなりました。
あの悩んでいた日々が惜しまれてなりません。
もし、あなたが真性包茎で悩んでいるなら、思い切って手術を受けてみてはいかがですか?
人生が変わるほどの喜びが得られますよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *