月別アーカイブ: 2018年9月

真性包茎の手術費用は思っていたほどかからず

学生の頃から包茎が悩みの種でした。
しかも私の場合は真性包茎で、亀頭を露出したことがない状態でした。
手術という言葉に単純に恐怖を覚え、なかなか踏み切れずにいましたが、意を決してクリニックで受診しました。
ネットでいろいろ調べていたので真新しいような説明はあまりなかったですが、かなり緊張したのを覚えています。
費用は20万円から25万円を想定していましたが、20万円弱で済んだためよかったです。
手術を受けて全てが終わった後は、やはり受けて良かったという印象です。
手術中も痛みはありませんでした。
麻酔が少し痛いのを覚悟していましたが、それすらほとんど感じないほどうまく手術をしてくれたお医者さんに感謝です。
それよりも術後1週間程度がしんどかったです。
薬を服用すれば傷の痛み自体は抑えられるのですが、今まで露出していなかった部分がこすれる痛みは日常的に防ぐことができず、これが大変でした。
用を足すには包帯を先まで巻かなければ問題ないのですが、包帯の交換等が必要な時があるので、常に個室を利用していました。
費用や術後の痛みなどはあったものの、想定より安く真性包茎から脱出できてほっとしています。
どこか引け目を感じていたコンプレックスがなくなるのはやはり、快適です。
精神的に楽になったし、自信も持てるようになり満足しています。

真性包茎を治療した結果

自分の性器が他人とは違うということに気づいたのは、中学の修学旅行の時です。
下ネタの話で盛り上がってマスターベーションの真似を一人が始めたのですが、その時に他の人は先端部分が露出するという事を初めて知ったのです。
ただし、その時は特に不便を感じることはなかったので深刻に悩んだりすることはありませんでした。
また自分なりに色々調べたところ、お風呂で剥く練習をすれば治るケースもあるということが分かりました。
そこで早速取り組んでみたのですが、1年以上続けても状況が改善することはなかったのです。
ただし、未成年だったのでどのように対処すれば良いのかは分かりませんでした。
その後、年数がたつにつれて不便を感じる様になったので、思い切って真性包茎の手術を受けることにしました。
自宅の近くの病院で診てもらうのは恥ずかしかったので、電車で30分程離れたところにある美容クリニックで手術を受けることにしたのです。
かなり緊張したのですが、先生も含めてスタッフは全て男性だったので、クリニックの中ではリラックスして過ごすことが出来ました。
ちなみに、真性包茎の手術に掛かった時間は30分ほどで費用は約20万円でした。
おかげでスッキリした気分で生活できる様になったので良かったと思っています。